歯周病は静かな病とも言われ健康な人であっても知らず知らずのうちになっていることが多い歯の病気です。

高齢者がなるイメージがありますが、若い方でもなる方は増えており、早めに歯科医院において歯周病治療を行うことが大切となっています。

人気の歯周病治療関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

歯周病は歯の周辺が歯石や歯垢により汚れることが原因です。歯石や歯垢の中には細菌がいて、その細菌の毒素により歯茎に炎症を起こさせます。

腫れるだけでなく歯の骨も溶かしてしまうので、長い期間放置しておくと歯が抜けてしまうことがあります。



歯が抜ける原因として虫歯の他には歯周病しかないと言われるほど、歯周病の影響は大きいものとなっています。


歯科医院において歯周病治療を行いますが、歯科医院に訪れる前に自分でもチェックをすることができます。


朝起きた時、口の中がすっきりしているかどうか、歯磨きの時は出血しないか、歯の肉が腫れていないか、歯茎がさがっていないか、グラグラしないかといったことを毎日見ると良いでしょう。
口の中がねばねばしている時は歯垢がまだある証拠です。また、妊娠している方やタバコを吸っている方、糖尿病の方や歯並びが悪い方も歯周病になる可能性があります。

45歳以上になると更にリスクは増しますので、より丁寧にみることが大切です。

歯周病治療は歯と歯肉の間に細い器具をいれ深さを測ることから始めます。

BIGLOBEニュースについて考察してみましょう。

深さが深いほど進行しているということなので、歯医者で行う歯磨きの指導をしっかりと受け自分で予防していくことが大事になってきます。