歯周病は誰でもなることがある歯の病気です。
気がつかないうちに進行していることが多く、初期症状がほとんどありません。



歯がぐらぐらするといった症状が出て、歯医者に行くと歯周病と判断され驚くことがあります。



歯周病治療をするにあたって検査を行います。


歯科医院では歯周ポケットの深さを確認したり、レントゲン写真をとって歯や歯の骨の状態を調べたり、歯石や歯垢がどのくらいついているのか調べたり、ということを行います。


レントゲンでは歯を支える骨がどのくらい溶けているのか、その範囲はどのくらいなのか正確に知ることができます。

なお、歯のみレントゲンをとるので被爆の心配はありません。

その他の検査としては出血の仕方を見る検査や歯がどのくらい揺れるのかを調べる動揺度検査、細菌検査などを行います。
また、歯科衛生士によって、歯と歯の間の深さを調べます。


歯と歯の隙間は健康な場合、1から2ミリの深さですが、歯周病にかかっている場合は3ミリ以上の深さになっていきます。



一見健康そうな歯茎と歯であっても、深いことがあるので、一本一本細い器具を差し込み確認をしていきます。

歯周病治療では様々な検査を行ってから歯磨きの指導を行っています。

これは歯周病の原因が歯石や歯垢の付着だからです。

この付着を最小限に抑え、正しく歯磨きをすることが予防のひとつとなっているので、歯磨き指導もきちんと受けるようにします。
歯がぐらぐらしたり、歯茎が腫れて出血している状態はすでにかなり進行しています。

歯周病治療を早めに始めないと抜ける可能性があるので歯科医院に受診をするようにします。