歯周病とは、歯や歯茎などに炎症が起こる病気です。

歯茎にのみ炎症が起こっている状態を歯肉炎、それ以上に炎症が進行した状態を歯周炎、もしくは歯槽膿漏と言います。

歯周病は歯垢、もしくはプラークと呼ばれる最近の集まりが原因で起こります。

歯が十分に磨けていないと歯と歯茎の間に歯垢がたまり、そこで細菌が繁殖し、炎症を起こしてしまいます。

教えて!gooの最新情報をご提供します。

さらにこの歯垢を放置しておくと石灰化して歯石になり、歯と歯茎の間の溝が深くなってしまいます。

これが進行すると更に歯石がたまりやすくなり、歯周病を悪化させる悪循環につながってしまいます。そのため出来るだけ軽いうちに治療を行うことが大切です。



歯周病治療の基本は、プラークコントロールです。


プラークコントロールとは、患者自身が歯と歯茎の間の溝の清掃を確実に行い、口の中を清潔に保つようにすることです。それ以上の歯周病治療は歯周病の進行の度合いに合わせて行われます。初期の歯周病への治療は、歯石やその他の汚れを落とし、プラークコントロールをしっかりと行うことで治療を行います。
それより症状が進行している中期段階の治療は、初期の治療に加えて必要な個所への歯周外科手術を行うことがあります。更に症状が進み、歯を支える骨が破壊されているなど重度まで進行している場合は、抜歯を伴う歯周病治療を行うことがあります。

更に歯並びが症状の原因になっている場合は、矯正治療も並行して行います。

歯周病治療の様々な相談を受けることができます。

歯周病治療は一旦治療が終了した後も継続して検査や検診を受け、長期にわたって管理を行うことが大切です。