歯周病は歯と歯茎の間が炎症を起こし、歯を支える骨を溶かしてしまう病気の事を言います。

虫歯になっている人だけでなく、虫歯がない人でもかかることが多く、発見が遅くなることが多いです。痛みがなく、進行がはやいので、歯茎から出血したな、と思っているうちに歯がぽろっと落ちてしまうこともあります。

歯周病は歯茎と骨に炎症が起こる病気です。


原因は歯垢が歯石がついたことにより、歯周病菌が増えます。


歯周病原菌は数十種類あると言われており、いろいろな細菌が働いて症状を悪化させています。歯磨きを丁寧にすることが大切ですが、タバコを吸う人や糖尿病の方もなりやすいため、日ごろから生活に気を付けることが大事になってきます。

注目のエキサイトニュース情報が手に入ります。

歯科医院で行っている歯周病治療はまず、歯石と歯垢を取り除きます。その際、見えない場所の歯石もとりますが、痛い場合は麻酔をかけることもあります。
詰め物が歯と合っていないときは作り直しをしたり、咬み合わせのチェックなども行われます。

歯磨き指導も歯科衛生士の方とやりますが、もし、歯周病があまりにも進行しており、抜かないと隣の歯にも影響があると考えられる場合には抜歯することもあります。

こちらの歯周病治療の情報が必ずあります。

そのような事を防ぐためにも定期的に歯科医院にて歯周病治療を行うことが必要となってきます。歯周病治療は定期的に検査を行うことが必要です。簡単に再発してしまう病気の一つですので、日ごろから生活習慣に気を付け生活をすることが大切になってきます。